ノコギリヤシに含まれる有効成分

ノコギリヤシについて

サプリメントの原料となる植物として、ノコギリヤシという植物が注目を集めています。ノコギリヤシとは、北米固有種のヤシ科のハーブの一種で、ノコギリ状の葉を持つことからこの名前がつけられています。アメリカやメキシコの湾岸で一般的に見られる小さめのヤシの木です。ノコギリヤシの果実は古くから強壮、利尿、鎮静作用があるとされ原住民の間でも用いられてきました。今、注目されている効果は、前立腺肥大を抑制や、泌尿器系の改善、抜け毛予防や育毛の助けをする効果です。ノコギリヤシに含まれているどの成分が有効なのでしょうか。

ノコギリヤシの有効成分

ノコギリヤシの有効成分はその実の中に含まれています。果実には、遊離脂肪酸、脂肪酸エステル、ステロール類などの脂溶性成分が含まれています。その中でも、このステロール類に含まれるβシトステロールや飽和アルコールのオクタコサノールが尿の悩みを改善するのに役立つ成分です。遊離脂肪酸のオレイン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸、リノール酸、バルミチン酸が前立腺と膀胱の筋肉に良い影響を与え、収縮を抑えて正常に排尿を助けることがわかってきました。遊離脂肪酸のオレイン酸は、前立腺肥大の原因となる5aリダクターゼという酵素の生成を抑制することで、前立腺肥大の症状を緩和する助けともなってくれます。この5aリダクターゼは頭皮にもたくさん存在し、男性ホルモンひとつであるテストステロンをジヒドロテストステロンに変換します。このジヒドロテストステロンが増えすぎると、毛母細胞の働きを弱め、抜け毛の大きな原因となるのです。ノコギリヤシの成分にはこの酵素5aリダクターゼの生成を抑制する効果があるので、頭皮の皮脂線でジヒドロテストステロンの増加も抑制し、抜け毛予防につながるのです。

ノコギリヤシサプリの摂取の仕方

ノコギリヤシの有効成分をたくさん摂取したいからといって、サプリを大量に飲んでも早く効果が出るわけではありません。ノコギリヤシ果実エキスの1日当たりの摂取量は320mgが適量という研究結果が出ています。ノコギリヤシサプリは摂取のしすぎによる副作用はほとんどありませんが、まれに胃もたれを起こす人もいるので過剰摂取には注意が必要です。また、一度に320mg摂取するのではなく、160mgずつ2回に分けて摂取するする方が効果的です。

注目の○○商品

イクオスサプリ公式サイト
イクオスサプリ
業界最大級46種類の配合成分数で高い効果が期待!頭皮の保湿効果があり乾燥を防ぎハリのある髪の毛を生成する効果が期待!定期購入ならずっと47%OFFの特別価格!