ノコギリヤシとは?プロペシアと似た効果が期待できる

最近話題のノコギリヤシとは?

ノコギリヤシとはヤシ目ヤシ科の植物でヤシの一種です。学名はSerenoarepens、英名でSawpalmettoと表記します。

英名から、ノコギリパルメットやソウパルメットと呼ばれることもあります。ノコギリヤシは小さめのヤシの木です。高さは2mから大きくなっても4mほどです。幹は不規則に成長し、砂浜に密集して生えることの多い植物です。また、松林や広葉樹の元に群生することもあります。

ノコギリヤシはアメリカの南西部の固有種で、大西洋岸平野やメキシコ湾岸の低地で一般的に見られるヤシです。丈夫な植物ですが、成長は極めて遅く、長寿で樹齢500~700年と見られる個体も発見されています。ノコギリヤシの葉柄は細かく鋭いトゲで覆われていて、それが名前の由来ともなっています。触ると皮膚が傷つけられることもあるので、近づいたり、触るときには注意が必要な植物ですが。

花を咲かせ、果実もつけ、実は野生植物や人の食料ともなります。過去においては、葉がその地方の茅葺き屋根として用いられたり、繊維を取って利用されることもありました。またその実が薬として用いられるなど、人間とも古くから深く関係のあるヤシ植物です。

ノコギリヤシにはどんな力が隠されているか

最近では健康食品としてノコギリヤシが注目され始めています。ノコギリヤシの成分が、前立線肥大の予防や、髪の育毛や抜け毛予防に役立つといわれています。ノコギリヤシには遊離脂肪酸という成分が含まれています。この成分には前立腺と膀胱の筋肉収縮を抑制してくれる働きがあります。この成分のおかげで、前立腺肥大を抑えることができるようになり、尿に関する悩みを軽減することができるかもしれません。

ノコギリヤシの成分は皮脂腺にできる男性ホルモンの合成を抑える働きがあります。この働きに加え、頭皮環境を整えるなど、育毛に大切な環境が揃えば、育毛や抜け毛予防の効果を実感できるかもしれません。最近ではノコギリヤシの成分を抽出したサプリがあります。サプリメントは副作用がほとんどないので、前立腺や薄毛の悩みを抱えておられるなら、一度試してみてもいいかもしれません。

ノコギリヤシの成分の適切な摂取量はどのくらいでしょうか。サプリメントによって多少異なりますが、1日2回で合計320gmgが適切な量といわれています。臨床試験で効果的な量がある程度わかっているので、それ以上過剰に摂取しても効果が大きく表れるわけではありません。

育毛に効果的と話題のノコギリヤシ!

AGAの治療薬として知られる医薬品のプロペシアと同じ効果があるといわれていますが、厳密には少し違いがあります。

ノコギリヤシがもつ育毛の効果についてみていきましょう。

主な作用は脱毛を減らすこと

ノコギリヤシ(正確にはノコギリヤシの種子のエキス)の効果は、5αリダクターゼという体内の酵素の働きを抑制することです。

この5αリダクターゼが男性ホルモンの一つである「テストステロン」に作用すると、「ジヒドロテストステロン」に変化させてしまいます。

このジヒドロテストステロンは脱毛因子と言われ、頭皮の異常な皮脂分泌など男性型脱毛を促進させることで知られています。

つまり5αリダクターゼを抑制できれば脱毛因子が発生するのを防ぎ、抜け毛の進行を食い止めることができるということです。

この作用はプロペシアも同じであるため、同等の効果が期待できると注目されているのです。

副作用と効果に対する考察

プロペシアはホルモンに作用する強い医薬品です。

女性は飲むことはおろか、妊婦さんともなれば錠剤に触ることも厳禁という恐ろしい注意書きがあるほど。

当然副作用もあり、精力減退や体毛の異常という症例もでているのです。

このようなリスクを考えた場合、直接ホルモンに強力に作用するプロペシアに抵抗がある方は多いですね。

一方ではノコギリヤシは天然の成分ですので、サプリメントも食品扱い。安全で女性でも飲めますが、その分効果は医薬品ほどは強くでることはないでしょう。

そのためにサプリの効果は信用できないという声もありますが、これから薄毛に対して予防をするという点では副作用も無く安心して飲めるものには間違いないです。

まずは信頼できるサプリメントで効果を試してからプロペシアを飲むという流れが理想ではないかと思います。

注目の○○商品

イクオスサプリ公式サイト
イクオスサプリ
業界最大級46種類の配合成分数で高い効果が期待!頭皮の保湿効果があり乾燥を防ぎハリのある髪の毛を生成する効果が期待!定期購入ならずっと47%OFFの特別価格!